税務調査でかかる税金【税務調査個人事業主.com】査察・税理士・立ち入り調査・国税局・準備・所得税・相続税・期間・対策・東京・大阪・対象・税金・対応・計算・相談

税務調査でかかる税金

税務調査でかかる税金の種類にはどのようなものがありますか

 

 税務調査によってかかる税金などを、並べて書いてみます。
 これらのすべてについて、税務署は説明しません。なぜなら、国の税金を管轄する役人なので、国の税金以外の話ができないからです。

 

 

(1)申告所得税(しんこくしょとくぜい)
国の税金です。もうけた金額などを基準にしてかかる税金です。

 

(2)消費税(しょうひぜい)
国の税金です。お客様から預かった8%の消費税額などを基準にかかる税金です。

 

(3)源泉所得税(げんせんしょとくぜい)
国の税金です。従業員にお給料を支払った場合や、ホステスさんの報酬を支払った場合などに
かかる税金です。

 

(4)印紙税(いんしぜい)
国の税金です。5万円以上の領収書に収入印紙を貼っていなかった場合などに、かかる税金です。

 

(5)住民税(じゅうみんぜい)
市町村の税金です。国に申告した所得税の申告書を基準としてかかる税金です。

 

(6)個人事業税(こじんじぎょうぜい)
都道府県の税金です。国に申告した所得税の申告書を基準としてかかる税金です。

 

(7)国民健康保険税(こくみんけんこうほけんぜい)または、国民健康保険料(こくみんけんこうほけんりょう)
市町村からかかります。国民健康保険の保険証を持っている人を対象にかかるお金です。国に
申告した所得税の申告書を基準としてかかります。

 

(8)国民年金(こくみんねんきん)
ねんきん事務所からかかります。国民年金の免除を受けていた人などの場合。税務調査により国民年金の
免除が受けられなくなることがある場合、請求されるお金です。

 

(9)児童扶養手当の金額変更
児童扶養手当を受けている人は、税務調査により、その金額が変わってしまうことがあります。
場合によっては、もらえなくなってしまうことがあります。

 

(10)子ども手当ての金額変更
子ども手当を受けている人は、税務調査により、その金額が変わってしまうことがあります。
場合によっては、もらえなくなってしまうことがあります。

 

(11)県営住宅などの退去の要請
税務調査により、納税額が一定の基準を超えていた場合、県営住宅の退去の要請を受けることがあります。

 

(12)保育料の変更
税務調査により、納税額などが一定の基準を超えていた場合、保育料が変更になることがあります。

 

査察,税理士,立ち入り調査,国税局,準備,所得税,相続税,期間,対策,東京,大阪,対象,税金,対応,計算,相談

 

 読みやすく、平易な文章を心がけて書いております。わかりやすくするため、法律の説明を大幅に省略しているところがございます。法律条文に基づいた詳しい考え方をお知りになられたい方は、税理士にご相談いただくことをおすすめいたします。

 

 ここに書かれていることを信じて行ったことについて、当ホームページでは一切その責任を負いません。
 税務調査は、個別的具体的な要素が多くからみ判断が難しい事柄です。担当する税務調査官が確認した事実により、予想外の事が多々起こるのが税務調査です。

 

 ホームページなどに書かれている説明のみを信じてご自身で対応することはとても危険です。

 

 もし、ご不明な点があれば、下の画像をクリックすると、「税務調査相談窓口」のページに変わりますので、ご相談下さい。私が運営をさせていただいております。

 

査察,税理士,立ち入り調査,国税局,準備,所得税,相続税,期間,対策,東京,大阪,対象,税金,対応,計算,相談

 
ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ もくじ