税務調査と雑費【税務調査個人事業主.com】査察・税理士・立ち入り調査・国税局・準備・所得税・相続税・期間・対策・東京・大阪・対象・税金・対応・計算・相談

税務調査と雑費

雑費って、どんなときに使いますか

 

雑費の多い申告書は、税務調査では良く問題にされます。
雑費というものは、他のものに区分できない経費であることを示します。
他のものに区分できない経費がたくさんありますが、その分税金を下げて下さい。

 

と、いうことを申し出ている書類に見られます。

 

税務調査では、そこを調査されます。
なんで、他のものに区分できない経費がたくさんあるんだろう。

 

ありえない数字を書くような内訳書というのは、それだけで疑われてしまうのです。

 

雑費というものは、できるだけ使わないほうが賢明です。
どこに経費区分していいかどうかわからないようでしたら、税理士や税務署に聞いてでも、雑費を少なくすることが、税務署に疑われない申告書を作る上では大切です。

 

雑費は狙われています。すごく雑費の多い申告書を作成してしまった方は、よろしければ、ご相談下さいませ。

 

査察,税理士,立ち入り調査,国税局,準備,所得税,相続税,期間,対策,東京,大阪,対象,税金,対応,計算,相談

 

 読みやすく、平易な文章を心がけて書いております。わかりやすくするため、法律の説明を大幅に省略しているところがございます。法律条文に基づいた詳しい考え方をお知りになられたい方は、税理士にご相談いただくことをおすすめいたします。

 

 ここに書かれていることを信じて行ったことについて、当ホームページでは一切その責任を負いません。
 税務調査は、個別的具体的な要素が多くからみ判断が難しい事柄です。担当する税務調査官が確認した事実により、予想外の事が多々起こるのが税務調査です。

 

 ホームページなどに書かれている説明のみを信じてご自身で対応することはとても危険です。

 

 もし、ご不明な点があれば、下の画像をクリックすると、「税務調査相談窓口」のページに変わりますので、ご相談下さい。私が運営をさせていただいております。

 

査察,税理士,立ち入り調査,国税局,準備,所得税,相続税,期間,対策,東京,大阪,対象,税金,対応,計算,相談

 
ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ もくじ