税務調査と売上【税務調査個人事業主.com】査察・税理士・立ち入り調査・国税局・準備・所得税・相続税・期間・対策・東京・大阪・対象・税金・対応・計算・相談

税務調査と売上

税務調査と売上

税務調査では、売上をどのように確認しますか

売上が正しいかどうかを判断するために、

 

レシートのつづり
領収書(控)のつづり
請求書のつづり
契約書のつづり
見積書のつづり
来店スケジュール帳

 

などを確認されます。

 

請求をしていれば、きっと売上があるはずだ。
レジを打っていれば、きっと売上があるはずだ。

 

電話が鳴って、お客さんが来て、注文伝票を作って、商品を届けて、お金をもらって、という、商売の流れを確認することで、事実を確認しに来る事が多いです。

 

売上がたくさん入っている通帳を隠している場合などは、その通帳の記録を税務署がすでに持っているかもしれません。

 

 

査察,税理士,立ち入り調査,国税局,準備,所得税,相続税,期間,対策,東京,大阪,対象,税金,対応,計算,相談

 

 読みやすく、平易な文章を心がけて書いております。わかりやすくするため、法律の説明を大幅に省略しているところがございます。法律条文に基づいた詳しい考え方をお知りになられたい方は、税理士にご相談いただくことをおすすめいたします。

 

 ここに書かれていることを信じて行ったことについて、当ホームページでは一切その責任を負いません。
 税務調査は、個別的具体的な要素が多くからみ判断が難しい事柄です。担当する税務調査官が確認した事実により、予想外の事が多々起こるのが税務調査です。

 

 ホームページなどに書かれている説明のみを信じてご自身で対応することはとても危険です。

 

 もし、ご不明な点があれば、下の画像をクリックすると、「税務調査相談窓口」のページに変わりますので、ご相談下さい。私が運営をさせていただいております。

 

査察,税理士,立ち入り調査,国税局,準備,所得税,相続税,期間,対策,東京,大阪,対象,税金,対応,計算,相談

 
ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ もくじ