【税務調査個人事業主.com】査察・税理士・立ち入り調査・国税局・準備・所得税・相続税・期間・対策・東京・大阪・対象・税金・対応・計算・相談

プライベート

税務調査がきっかけで、プライベートに悪影響がでることはありますか

 

 税務調査において、経費の証拠に不十分なものがあれば、税務署は、それを調べる可能性があります。
事実かどうかの確認を求められる可能性があります。

 

 青色専従者給与などでは、給与を支払った相手に、仕事の内容などを聞かれることがありますので、そのようなことで税務署の人に聞かれたことがきっかけで、プライベートに悪影響が出る可能性がないとはいえません。

 

 プライベートのお付き合いのある愛人などに、経費としてお金を支払っていた場合、その愛人の労働の実態を確認されることがあります。

 

 愛人やご家族や友人などに通帳や裏帳簿を預かってもらったり、偽りの取引先の代表者になってもらったしている可能性があると税務署が判断すれば、その人に聞き取りに行くことがあります。

 

 そういった税務調査を受けている時や、そういったことを想像している方が、心身が不安な状態とり場合、家族や友人に当たるケースも考えられます。
 家族や友人に理由なく怒りや過度の不安をぶつけたりすると、プライベートの人間関係に悪影響が出ることがあります。

 

 

 

査察,税理士,立ち入り調査,国税局,準備,所得税,相続税,期間,対策,東京,大阪,対象,税金,対応,計算,相談

 

 読みやすく、平易な文章を心がけて書いております。わかりやすくするため、法律の説明を大幅に省略しているところがございます。法律条文に基づいた詳しい考え方をお知りになられたい方は、税理士にご相談いただくことをおすすめいたします。

 

 ここに書かれていることを信じて行ったことについて、当ホームページでは一切その責任を負いません。
 税務調査は、個別的具体的な要素が多くからみ判断が難しい事柄です。担当する税務調査官が確認した事実により、予想外の事が多々起こるのが税務調査です。

 

 ホームページなどに書かれている説明のみを信じてご自身で対応することはとても危険です。

 

 もし、ご不明な点があれば、下の画像をクリックすると、「税務調査相談窓口」のページに変わりますので、ご相談下さい。私が運営をさせていただいております。

 

査察,税理士,立ち入り調査,国税局,準備,所得税,相続税,期間,対策,東京,大阪,対象,税金,対応,計算,相談

 
ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ もくじ